笑顔を輝かせる:毎日2回歯を磨く!

時間:2020-10-11浏览次数:658

小見出し:歯を磨くことが健康で美しい笑顔を保つための重要性

明るく健康的な笑顔は、一般的に私たちの最も魅力的な特徴の一つとされています。それは私たちの自信を高め、良い第一印象を与え、私たちの全体的な健康状態を改善することができます。しかし、美しい笑顔を保つには、定期的な歯の検査やたまにの美白治療だけではありません。笑顔を明るく健康に保つ鍵は、毎日2回歯を磨く簡単な習慣にある。

私たちが子供の頃から、歯を磨くことの大切さを教えられてきました。しかし、年を取るにつれて、生活が忙しくなるにつれて、この簡単な任務は軽視されたり、急いで完成したりしやすい。私たちはたまに歯を磨かないことに大きな違いはないと思っているかもしれませんが、実際には、歯を磨き続けることが健康で美しい笑顔を保つために重要だと考えています。

では、なぜ毎日2回歯を磨くことが大切なのでしょうか。平凡に見えるこの任務のメリットをよく見てみましょう。

プラークやタリウムの堆積を防ぐ

歯磨きの最も顕著な原因は、口の中の食物粒子と細菌を除去するためである。私たちが食べ物を食べると、小さな食べ物が私たちの歯の間と歯肉の線に引っかかります。これらの粒子を除去しないと、歯に覆われた粘性細菌膜であるプラークの堆積を引き起こす可能性があります。時間が経つにつれて、このプラークは硬くなり歯垢になり、歯科専門家だけが除去することができます。

歯垢や歯垢は口臭だけでなく、虫歯や歯肉疾患を引き起こすことがあります。毎日2回歯を磨くことで、食品粒子を効果的に除去し、歯垢や歯垢の形成を防ぎ、歯と歯肉の健康を保つことができます。

虫歯と虫歯に対抗する

虫歯は最も一般的な歯の問題の一つであり、エナメル質浸食によるものである。砂糖やでんぷんを含む食べ物を食べると、口の中の細菌が酸を産生し、エナメル質を攻撃して虫歯になる。毎日2回歯を磨くことで、これらの食品粒子と細菌を除去し、歯にダメージを与えるのを防ぐことができます。

また、フッ素含有歯磨き粉で歯を磨くことは、酸性浸食に抵抗できるようにエナメル質を強化するのに役立ちます。これは歯がまだ発育中で、虫歯になりやすい子供にとって特に重要です。

清新な呼吸を保つ

口臭があることを知られたい人はいませんが、これはよくある問題で、私たちは毎日2回歯を磨くことで簡単に避けることができます。前述したように、歯を磨くことで口腔内の食物粒子や細菌を除去することができ、これらは口臭の元凶である。歯を磨き続けることで、呼吸が新鮮になり、口の中がきれいになることができます。

全体の健康状態を改善する

1日2回歯を磨くメリットは口の健康だけではありません。実際、研究により、不良な口腔衛生は心臓病、糖尿病、呼吸器感染を含む様々な健康問題を引き起こすことが明らかになった。これは、私たちの口の中の細菌が私たちの血液に入り、体の他の部位に伝播し、炎症を起こし、これらの健康問題を引き起こすからです。

定期的に歯を磨くことで、有害な細菌が口の中に溜まるのを防ぎ、これらの深刻な健康問題のリスクを下げることができます。

効果的な歯磨きテクニック

毎日2回歯を磨くことの重要性がわかった以上、次は効果的な歯を磨くためのテクニックです。

1.正しいテクニックを使う:歯ブラシと歯肉を45度の角にして、軽く円周運動ブラシを歯ごとにする。必ず舌と上顎を磨いて、細菌を取り除き、息を清めるようにしなければならない。

2.焦らないでください:毎回少なくとも2分を磨くことをお勧めします。タイマーを設定したり、歌を流したりして、推奨された時間内に歯を磨くことを確認します。

3.フッ素含有歯磨き粉の使用:フッ素化物は私たちのエナメル質を強化し、酸性浸食に抵抗できるようにするのに役立つ。アメリカ歯科協会(ADA)の承認印がある歯磨き粉を探しています。

4.定期的に歯ブラシを交換する:3〜4ヶ月ごとに歯ブラシを交換することを提案し、もしブラシの毛が磨耗したら、早めに交換することができる。これにより、有効なツールを使用してプラークや細菌を除去することができます。

5.歯の線を使うことを忘れないでください:歯を磨くだけでは口の中のすべての食品粒子と細菌を除去するのに十分ではありません。歯の線は私たちの歯の間や歯ブラシが届かない歯肉の線をきれいにするのに役立ちます。

とにかく、毎日2回歯を磨くことは健康で美しい笑顔を保つための簡単で重要な習慣です。歯菌斑と歯垢の堆積を防止し、虫歯と虫歯に対抗し、新鮮な呼吸を維持することによって、私たちの全体的な健康を改善し、歯を磨き続けることは私たちの口腔衛生の中で重要な役割を果たしています。だから、1日2回ブラシをしてパールホワイトの光沢を保つことを第一の任務としましょう!