真相を発見します:1日3回歯を磨いてよくありませんか?

時間:2021-01-17浏览次数:758

歯磨きは私たちが小さい頃から身につけてきた日常的な習慣です。私たちは毎日少なくとも2回、時には1日3回歯を磨くように言われて、良好な口腔衛生を維持します。しかし、一日に3回歯を磨くのは本当にあなたに悪いのではないかと考えたことはありますか。この記事では、この共通の信念の背後にある真実を探り、毎日3回歯を磨くことが本当に有益なのか有害なのかを発見します。

歯磨きの重要性

1日に3回歯を磨くのが悪いのかどうかを探る前に、歯を磨くことの重要性を知っておきましょう。私たちの口は数百万人の細菌の家で、私たちが食事をする時、これらの細菌は口の中に残っている食品の粒子を食べます。これは酸を産生し、私たちのエナメル質を浸食し、虫歯や他の歯の問題を引き起こす。定期的な歯磨きは、これらの食品粒子と細菌を除去し、歯垢の形成を防止し、良好な口腔健康を維持するのに役立ちます。

推奨ブラシ周波数

アメリカ歯科協会(ADA)によると、1日2回、1回2分ずつ歯磨きをすることをお勧めします。これはほとんどの歯医者と口腔健康専門家が遵守している標準的な方法です。しかし、1日3回のブラシは良好な口腔衛生を維持するのにもっと良いと考える人もいる。

1日3回歯磨きをするメリット

1日3回歯を磨く主な利点の1つは、より頻繁にプラークを除去するのに役立つことです。プラークは私たちの歯に形成された粘性細菌膜であり、不定期に除去すると虫歯や歯肉疾患を引き起こす可能性があります。1日3回歯を磨くことで、プラークの堆積量を減らすことができ、歯に問題が発生するリスクを下げることができます。

1日3回ブラシをするもう1つのメリットは、一日中新鮮な呼吸を保つのに役立ちます。口臭は口腔内の細菌の蓄積によって引き起こされ、より頻繁に歯を磨くことで、私たちはこれらの細菌を制御し、より良い口腔衛生を維持することができます。

毎日3回歯を磨くデメリット

1日に3回ブラシをするのはいいアイデアのようですが、それは私たちの口腔の健康にもいくつかのマイナスの影響を与えます。歯を磨きすぎるとエナメル質が摩耗し、エナメル質は私たちの歯の保護層です。これにより、私たちの歯はより敏感になり、虫歯になりやすくなります。

また、力を入れすぎたり、硬毛歯ブラシを使ったりすることで、歯肉にダメージを与えることもあります。それは歯茎の衰退を招き、私たちの歯根を暴露し、虫歯と歯の敏感なリスクを高めることができます。

1日に3回ブラシをするもう1つの欠点は、時間がかかり不便な人もいることです。今の速いリズムの世界では、多くの人が忙しいスケジュールを持っていて、時間を見つけて毎日3回ブラシをするのは誰にとっても不可能かもしれません。これは歯を磨かないことにつながり、私たちの口腔の健康に悪影響を与える可能性があります。

正しいテクノロジーの重要性

毎日2回でも3回でも歯磨きをして、良い口腔衛生を保つ鍵は正しい技術を使うことにあります。歯を磨くときは、軟毛歯ブラシと柔らかい円周運動を使用しなければなりません。これは、歯や歯肉にダメージを与えることなく、歯垢や食品粒子を除去するのに役立ちます。

フッ素入り歯磨き粉を使うことも重要です。それは私たちのエナメル質を高め、虫歯を防ぐのに役立つからです。また、歯の線とうがい水を1日1回使用することも、良好な口腔健康を維持するのに役立ちます。

とにかく、1日3回歯を磨く頻度は議論の的だ。いくつかのメリットがあるかもしれませんが、正しくなければ、私たちの口腔健康にも悪影響を与えます。重要なのはバランスを見つけ、推奨されているガイドラインに従って、1日2回、1回2分ずつブラシすることです。同様に重要なのは、適切な技術を使用して、歯と歯肉の健康を維持するために、良好な口腔衛生習慣を維持することです。大切なのは歯磨きの回数だけではなく、歯磨きの効果もあることを覚えておいてください。