真相を発見します:1日4回歯を磨くのはあなたの歯に対して有害ですか?

時間:2020-07-12浏览次数:677

真相を発見する:毎日4回歯を磨くのはよくありませんか?

子供の頃、私たちは毎日2回歯を磨くことの大切さを教えられました。それは私たちの日常生活の一部になり、私たちが再三考えないことでもあります。しかし、年を取るにつれて、1日2回で十分かどうか疑問に思うようになるかもしれません。さらに一歩進んで、毎日4回歯を磨く人もいる。しかし、このような過度な歯磨きは実際には有益なのか、それとも弊害が利益より大きいのか。この記事では、毎日4回歯を磨く背後にある真実を探っていきます。

推奨ブラシ周波数

まず、推奨される歯磨きの頻度を確認してみましょう。アメリカ歯科協会(ADA)によると、1日2回、1回2分の歯磨きを推奨しています。これにより、歯のすべての表面が十分に洗浄され、食べ物の粒子やプラークが除去されることが保証されます。ADAはまた、最高の口腔健康を得るために、軟毛歯ブラシとフッ素入り歯磨き粉を使用することを提案している。

1日2回歯磨きをするメリット

毎日2回歯を磨くのはたくさんのメリットがあります。歯に形成された粘性細菌膜である歯菌斑の除去に役立ち、不定期に除去すると虫歯や歯肉疾患につながる可能性があります。歯を磨くことは、歯の間に挟まれる可能性のある食物粒子を除去し、口臭や潜在的な虫歯を防ぐのにも役立ちます。また、1日2回歯を磨くことで、歯の白さを保ち、汚れの形成を防ぐことができます。

1日4回のブラシの潜在的リスク

では、1日4回歯を磨くことの潜在的なリスクについてお話ししましょう。その主な問題の1つは過剰洗浄であり、これはエナメル質の浸食と歯肉の衰退を引き起こす可能性がある。エナメル質は歯の硬い外層で、歯を腐らせないように保護することができます。歯を磨きすぎると、この保護層が磨耗し、虫歯や敏感な歯になりやすくなります。一方、歯肉の衰えとは、歯肉が歯から抜け落ち、歯根が露出することを指す。治療を怠ると、歯が敏感になり、歯が抜け落ちてしまう可能性があります。

1日に4回ブラシをかけるもう1つのリスクは、ストレスが大きすぎることです。歯を磨くと、硬く磨けば磨くほど歯がきれいになると思うかもしれません。しかし、事実はそうではありません。過剰な圧力を使用すると歯肉が損傷し、歯肉が萎縮することがあります。歯のエナメル質を摩耗し、歯の敏感さと潜在的な虫歯を引き起こすこともあります。

正しいテクノロジーの重要性

1日2回の歯磨きでも1日4回の歯磨きでも、正しい技術を使うことが重要です。これは、歯のすべての表面を清潔にするために、軟毛歯ブラシと柔らかい円周運動を使用することを意味する。2分ずつ磨くことも大切です。ブラシが速すぎると歯垢や食品粒子を効果的に除去できない可能性があり、ブラシが長すぎるとブラシがかかりすぎる可能性があります。

いつ1日2回以上ブラシをするか

1日2回が推奨される歯磨き頻度ですが、場合によっては1日2回以上の歯磨きが必要かもしれません。例えば、歯のカバーがある場合は、ステントや電線に引っかかる可能性のある食物粒子を除去するために、食事のたびにブラシをすることをお勧めします。高糖類の食事や口の乾燥があれば、食後に歯を磨いたりおやつを食べたりすることで虫歯予防に役立ちます。また、柑橘類の果物やソーダ水などの酸性食品や飲み物を食べた後に歯を磨くこともお勧めします。これはエナメル質を弱めるからです。

ボトムライン

つまり、毎日4回歯を磨くことは必ずしもあなたの口腔健康に有害ではありません。しかし、過度なスパートを避けるためには、正確な技術を使用することが重要です。場合によっては、1日4回のブラシが必要かもしれませんが、多くの人にとっては、1日2回、1回2分で十分な口腔衛生を維持することができます。歯と歯肉の健康を確保するために、定期的に歯医者に行って専門的な清掃と検査を行うことを覚えています。